2016年2月16日火曜日

3R

雑誌「タウンズ」にて、当店の『自由に使える壁のある部屋』が紹介されました。賃貸部屋を自由にカスタマイズできるというのは、空き部屋対策も含めてこれからの流行になっていくでしょう。自由に使える壁は、全国的にみれば『カスタマイズウォール』とか『フリーウォール』とかと名づけられ既に商品化されています。愛媛県では当店が初めてではなかろうかと思います。カスタマイズ賃貸のひとつとして入居者の選んだ壁紙に張り替えるという商品を打ちだしている同業者も増えてきていますが、当店では、Reduce(リデュース/廃棄物の発生抑制)、Reuse(リユース/再使用)、Recycle(リサイクル/再資源化)の3Rを考えた賃貸物件の在り方を模索しております。ちなみに『自由に使える壁』を他では使われていないカッコイイ商品名にしようと英語講師の友人に相談したところ「横文字にする意味わかんない。そのままでいいんじゃない」の一言で、そのままありのままになりました。