2014年1月30日木曜日

宅建業者

売買契約の席上、

『そんなところまで説明するのですか』

そうなのです。
年々、不動産とくに売買取引の重要事項説明(物件の詳細説明)における
宅地建物取引業者の責任は重くなっているのです。

宅地建物取引業者というのは、私たちの正式名称です。
『不動産屋』とか『不動産業』と名乗っていますが、
それは広義の名称でして、そのなかでも宅地建物を扱っている私達は、
縮めて『宅建業者』という職業なのです。

どの仕事でもそうなのでしょう。価格が高かろうが安かろうが、
この商品はどういったモノであるかを説明しなくてはなりません。
年々、その説明する内容が増えているようです。

それは、消費者購入者の立場になるとあたりまえのことですが。

不動産という商品の場合、その性質上、
その物件について売主の方も知らない事案がでてきます。
それを調べて、買主だけではなく、売主にも納得してもらいながら、
契約を仲介(媒介)するのです。

不動産取引における説明は、宅建業者である会社だけではなく、
宅地建物取引主任者がその個人名をもって行っています。

あとのクレームはコールセンターで受け付けていますから。
それは会社に言ってください会社でやったことですから。
などということは絶対に有り得ないのが、この宅建主任者。
その責任は一生負わされるもの、という覚悟で取り組んでいます。

高額の取引ですからなおさらあたりまえのことですが。
延々と説明を続けますから、
『くどくて長くてすみません』と謝りながら手続きを進めていくのが、
最近の宅建業者としての私の仕事です。