2022年5月2日月曜日

おきなわフェスタin四国 5月5日(木)6日(金)開催

 

5月5日(木)6日(金)に松山市道後町の愛媛県民文化会館で開催される「おきなわフェスタin四国2022」に愛光不動産松山店も協賛しております。

沖縄の文化や歴史に親しんでもらおうと、フェスタ実行委員会と愛媛県文化振興財団が主催。昨年開催予定でしたがコロナ禍で延期となり、本土復帰50周年という節目の開催となりました。5年ぶり2回目。

入場は無料で、開催時間は5日(木)は午前11時~午後7時、6日(金)は午前11時~午後6時。6日午後6時からは有料ライブがあります。

飲食、物販、展示。泡盛酒造45社の試飲コーナーや伝統音楽のステージなど。体験コーナーでは、三線やシーサー作りなども体験できます。

以下イベント内容(予定)です。

 【1階特設ステージ】
[5日]
MC:ポン川村/ヒシイミチコ ○11:00 オープニング 琉球國祭り太鼓四国 ○12:30 う〜まく連(愛媛) ○13:00 肱ガーラBARIバンド(大洲)、ミス沖縄(沖縄)、カンカラネーネーズ(香川) ○14:00 ハワイアンフラショー awaしんかぬちゃー(徳島)、泡盛の女王(沖縄) ○15:00 うりずん(尾道)、琉球國祭り太鼓四国 ○16:00 琉球民謡登川流宮里政則民謡研究所(大阪) ○17:00 嶋本慶(愛媛) 18:00 Akow Crew(沖縄)
[6日]
MC:ポン川村/ヒシイミチコ ○11:00 あしびなーず ○14:30 Akow Crew ○16:30 嶋本慶 ※合間にトークショー

【サブホール(5日)】
映画「ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記」上映(有料)12:00②14:00③17:00

【メインホール(6日18:00)]
ライブ(有料) ○THE SAKISHIMA meeting(新良幸人×下地イサム+川原大輔) ○しゃかり(チアキ×カンナリ+長嶺良明) ○ジャアバーボンズYASU、大湾、TAKANO、志門)

【物販コーナー】
○ハーバルハウスかわかみ(ハーブ関連商品) ○内子森文(沖縄県産アセロラ使用の酢卵) ○沖縄屋 川根小商店(沖縄食品雑貨陶器などいろいろ) ○愛媛沖縄県人会(サーターアンダーギー、ナーベーラーの苗、沖縄柄や生地のマスク、イベント公式タオル、県人会トートバッグ) ○Takahanari mart from沖縄(沖縄デザインTシャツ、小物など) ○Tシャツ屋ドットコfrom沖縄(かりゆしウェア、Tシャツ、小物など)  ○沖縄レコード商事 from沖縄(CDDVD、書籍) ○沖縄県酒造組合45社from沖縄、泡盛販売所モアイ酒店(泡盛試飲、泡盛ボトル販売、発送可) ○沖縄県三線製作事業協同組合 from沖縄(三線・グッズ販売、メンテナンス) ○琉球國祭り太鼓四国地区(素敵なお手製グッズ販売) ○ASOVIVA三線製作・販売、教室(三線・グッズ販売、メンテナンス)

【飲食コーナー】
○ひーじゃー屋 from沖縄(山羊汁) ○ブルーシール from沖縄(アイスクリーム) ○島のモノ喫茶 田中戸(かき氷)  N's Kitchen & labo (シナモンロール、台湾カステラ、フェス限定南国サンド) ルリイロサンド(サンドイッチ、コッペパン、ドリンク) ○Django's Burrito (タコス、タコライス) ○ サムライトラック(ラフテー丼、サムライカレー、泡盛ハイボール) ○ガジュマルPIZZA(ピザ、海ぶどう、カーリーフライ) ○うみとカモメ (フルーツサンド) ○やっぱりステーキ松山(ステーキ弁当) ○沖縄58酒場 from福山 (沖縄やきそば、ヒラヤーチー、サーターアンダーギー) ○あまくま酒場 ハイビスカス from高知(高知風出汁もずく) ○内子町×宜野座村 姉妹都市(内子豚のソーセージ、宜野座村の海の幸) ○おきなわフェスタin四国実行委員会(沖縄そば、生ビール(オリオン・アサヒ)、ドリンク) ※1日のみ参加の店もあります。

【体験コーナー】
○招福シーサー作り体験(協力 海風窯/有料) ○ウッド三線クラフト教室(協力 三線製作販売教室ASOVIVA/有料) ○ 三線体験(協力 沖縄宮古民謡協会師範 嶋本慶/有料) ○エイサー体験(協力 琉球國祭り太鼓四国地区/無料) ○クラフト締め太鼓作り体験(協力 琉球國祭り太鼓四国地区/有料) ※会場にて各々開催時間を確認してください。人数限定あります。

 

2022年4月28日木曜日

大洲にて

一戸建ての外装リフォームの依頼をいただきました。
調査見積もりのため工事業者とともに大洲市に集合。
大型連休前、昨日とうってかわって気持ちの良い晴天でした。


 

2022年4月14日木曜日

オレンジデー

4月14日はオレンジデー。というのを忘れていました。

愛媛県の農家が1994年に発案し、JAが2009年に制定したもの。だそうです。

2月14日の「バレンタインデー」で愛を告白し、3月14日の「ホワイトデー」でその返礼をした後で、その二人の愛情を確かなものとする日として、オレンジまたはオレンジ色のプレゼントを贈り合う。という意味もあったそうです。

たしかに、そうであったように思い出しますが、ここ数年忘れてしまっていたようです。

写真はオレンジというより黄色の文旦です。


2022年4月1日金曜日

新年度

4月1日になりました。
2022年度がスタートです。
新年度もよろしくお願いいたします。


2022年3月31日木曜日

一筆箋

南予での売買決済の取引現場で、司法書士の先生からいただいた和紙のメモ帳。

名刺交換にあわせて挨拶代わりにお渡ししているとか。

地元で生産している大洲和紙。かわいいです。一筆箋で使わせていただきます。


2022年3月24日木曜日

何十年ぶりのサトウキビ

お客様から、宮古島の友達から送ってきたので、と島らっきょう&サトウキビを頂きました。

サトウキビは何十年ぶりだろう。こどもの頃には、この四国でも生産していて(いまもあるのでしょうが)かじっていました。和三盆の原料だったと思います。

沖縄産を食べるのは生まれてはじめて。島らっきょうのピリッとする辛さとサトウキビの甘さで元気をいただきました。

ありがとうございました。 


2022年3月13日日曜日

黄色い丘

伊予市中山町佐礼谷にある黄色い丘。
お客様宅に向かう途中に寄ってみました。
初めて見ました。菜の花畑で丘全体が黄色くなっていました。
観光客も大勢いました。
 

2022年3月10日木曜日

キッチンリフォーム完了

依頼をいただき、一戸建のキッチン交換工事を行いました。

コロナ禍による部品不足や生産遅れで、商品が入荷するのに約1ヶ月かかりました。

そのあたりの情勢をご理解いただけるお客様で安心しました。お待たせしました。

工事業者仲間の協力で工事期間は1日で済みました。

今後にリフォームをお考えのお客様は、商品の納品に時間を要していますので、早め早めに余裕をもって検討されることをお勧めいたします。


 

2022年3月9日水曜日

道後温泉ちぎり絵

道後温泉に寄りました。
行きかう人は、卒業旅行でしょうか、学生のような若者が多かったです。

道後温泉本館の保存修理工事の素屋根のラッピングアートを見学しました。前回テーマの火の鳥もよかったですか、今回のも見応えがあります。

ちぎり絵の手法で表現されたアート。

もちろん原画がいいのでしょうが、シートに大きくプリントアウトする技術もすごいのでは、と感じました。

原画を知らないので、どこまで表現されているかは分からないのですが、凸凹感といいましょうか、ちぎり絵のよさがうまく表現されていると思いました。


 

2022年3月7日月曜日

マンマルシェ

マンションの野菜をマルシェ。

マンションの一角で入居者が栽培してくれている野菜達。

今日は収穫日。

ほうれんそう、ブロッコリ、小松菜、ネギを採ってくれました。

今回は、ハーブも植え替えてくれました。ありがとうございます。

2022年3月1日火曜日

3月1日

済美高校の前。いつもと雰囲気が違うなと思ってたら、

そうでした、今日3月1日は高校の卒業式。

コロナ禍になって3度目の卒業式になるのでしょうか。

形はかわれど・・・。ご卒業おめでとうございます!!

2022年2月28日月曜日

キャンプ

内子町の知清の河原。
南予で仕事があるとき通る国道から見る風景ですが、少し暖かく感じるこの日曜の朝、10張くらいのテントが見えました。

正確には千清(ちせ)公園キャンプ場。
トイレも炊事場もあり、近くに道の駅からりもあることから、とくに夏休みシーズンには多くの方がキャンプをしている場所です。

コロナ禍で、キャンプブームと言われて2年が経ちます。
キャンプ生活というのが、流行りではなく定着しているように感じています。

それまでは、冬にテントが張られていることは多くなかったのですが、最近では、日曜の朝はほぼテントが張られているのを見てきました。

設置や収納に時間のかかるファミリータイプの大きなテントではなく、友達同士や夫婦でしょうか、それともソロキャンプでしょうか、それぞれにあった中型小型のテントが増えているように思います。

車に積んでおき、いきたくなったら、さっとキャンプ場に。
ブームではないように感じています。

2022年2月7日月曜日

梅の花

友人が、飾って、と梅の枝をくれました。

梅の花は、冷たい風の吹くなかで咲く。

冬の寒さを教えてくれるのだろうか。春の訪れを感じさせてくれるのだろうか。

いまは寒さのピークだと思わせてくれる。


2022年2月3日木曜日

エンスト

事務所前の道路でエンストしていた車両を救助したのですが、後日、運転手の方が、その時のお礼にと、わざわざお菓子を届けてきてくれました。

実は、線路の手前なので、エンスト車両の救助は年に2,3回ほどあります。事務所前の駐車場に車を手押し移動して渋滞を回避、修理屋さんかレッカー車がくるのを待ってもらいます。

今回は寒かったので事務所のなかで待機していただきました。お名前を伺わず申し訳ありませせんでした。わざわざお越しいただき、ありがとうございました。

2022年2月2日水曜日

季節を分ける

節分は、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことで、季節を分けることを意味しているといいいます。

節分を経て立春。季節は冬から春へ。

2022年1月28日金曜日

海はいい

商談で南予へ。空いた時間で海を見にいきました。

コロナ禍で引きこもりがちな心が少しやわらぎました。



2022年1月14日金曜日

大学入学共通テスト

松山市喜与町あたりを車で走っていましたら、高校生のような大学生のような若者達のグループが歩道を北に向かって歩いていました。

しばらく考えて分かりました。明日は大学入学共通テストなので、試験会場となる愛媛大学と松山大学へ受験生が下見に向かっていたのですね。

おそらく、直接自宅から通える松山市や周辺に住んでいる高校生ではなく、南予や東予から市内のホテルに宿泊して受験する高校3年生なのだろうと想像しました。

今回の志願者は5,641人だとか。本人も家族も、コロナ禍でいろいろ心配があるなかでの受験になりますが、テスト1日目の明日は天気もいいようです。

みなさん頑張ってください!!


2022年1月13日木曜日

住みたい田舎ランキング 西条市と今治市が1位2位


宝島社発行の田舎暮らしの本で『2022年版第10回住みたい田舎ベストランキング』が発表され、愛媛県の各市町がランクインしました。

人口5万人以上20万人のまちグループで、「若者世代・単身者が住みたいまち部門」で1位が西条市、2位が今治市。「子育て世代が住みたいまち部門」で1位今治市、2位西条市。「シニア世代が住みたいまち部門」で1位今治市、2位が西条市となりました。

全国全市町村(1,718)にアンケートを実施。回答のあった751市町村を人口規模で5つのグループに分け、昨年までの総合部門を廃して、若者世代・単身者、子育て世代、シニア世代の3部門でランキングしたもの。

ランキングは、移住者の受け入れ実績や移住支援事業の充実度、交通や医療、教育等についてアンケートを行い点数化して採点。

人口1万人未満のまちグループでは、久万高原町が各部門で上位にランクイン。1万人以上3万人未満グループでは、若者世代単身者部門で内子町がランクイン。

3万人以上5万人未満グループでは各部門で、八幡浜市や大洲市、東温市、西予市。人口20万以上グループでは松山市がランクインしました。

住みたい田舎とありますが、読者が住みたいといったアンケートではなく、各市町村が自己評価したものを採点したものですし、回答していない全国市町村も多いので、これが全てとはいえませんが、愛媛県の各市町が移住支援に力をいれていると評価していいと思います。

全国市町村の移住支援策が分かり勉強になります。ただ、2021年版の時にも言いましたが、松山市や今治、西条が田舎と呼ばれるには違和感がありますが。いまとなってはそうなのでしょう。田舎上等!!



2021年12月27日月曜日

2021年もお世話になりました。

2021年もお世話になりました。

2022年も良いご縁がありますよう努めてまいります。

年末年始はご多忙のことと思いますがくれぐれもお身体にお気を付けてお過ごしください。

どうぞ良いお年をお迎えください!     (株)愛光不動産松山店



2021年12月21日火曜日

86451

オリオンビールの空き缶をいただいたので飾りを作ってみました。缶を切って平面にしてフォトフレームに貼り付けただけです。

このビールのネームは、数字で沖縄県の地名を表現しています。75ビールは名護市、78は那覇市、41は首里のことです。

愛媛県の市町を2ケタで表現するとどうなるのでしょうか。

伊予市なら14、西条は31、今治は18、新居浜は28、八幡浜なら88でしょうか。

松山市は、、、んーーーむずかしい。